So-net無料ブログ作成
検索選択

DPC影響評価の調査「様式1」見直し、意見まとまらず(医療介護CBニュース)

 中央社会保険医療協議会(中医協)のDPC評価分科会(分科会長=西岡清・横浜市立みなと赤十字病院長)は4月22日、今年度の初会合を開き、DPC導入の影響評価に関する調査の「様式1」(患者単位で把握する診療録情報)の見直しについて協議した。現在、「必須ではない」としている項目は原則廃止するとともに、その中で必要な項目は「必須」として再構成することで合意したが、同分科会の「MDC班長会議」と「伏見研究班」の意見を基に厚生労働省が作成した見直し案に対しては、委員の間で意見が分かれた。両組織の協議を踏まえ、同省は5月の次回会合で修正案を提出する方針。

 厚労省側は、今年度の調査で追加すべき新規項目案として、▽患者住所地域の郵便番号▽介護保険等級▽手術後合併症の有無の合併症病名▽術後創感染▽待機手術・緊急手術の別▽身長・体重▽病理診断・バイオマーカー(ホルモン感受性 HER2)▽入院時及び退院時mRS▽脳卒中の発症時期▽NIH Stroke Scale▽肺炎の重症度分類▽入院時FBS(空腹時血糖値)HbA1c▽入院時併存精神疾患▽入院後発症精神疾患―の14項目を提示。削除項目案では、「入院時と退院時のADLスコア」が示された。

 同分科会ではまた、今年度からDPC準備病院の募集を診療報酬改定時(2年ごと)とし、来年度の募集は行わないとするスケジュール案のほか、今年度に実施する「DPC導入の影響評価」「包括医療の影響」「診療報酬請求」「新たな機能評価係数」「DPCの医療の質の評価」の5つの調査案も了承した。ただし、昨年度以前にDPC準備病院となった医療機関については、来年度のみDPC対象病院になることができる経過措置が適用される。

■高額薬剤の取り扱い、次回に対応を協議

 このほか、21日の中医協総会で議論となったDPCにおける高額薬剤の取り扱いについては、厚労省側が今年度の報酬改定で対応した薬剤を再精査した上で、次回会合で対応を協議する。同省によると、▽新たな診断群分類を設定した16薬剤(ネクサバール錠200mgなど)▽既存の診断群分類に包括した3薬剤(ドキシル注20mgなど)▽データ不十分で引き続き出来高算定となった4薬剤(ヒュミラ皮下注40mgなど)―の23薬剤が対象となる。


【関連記事】
【中医協】11項目の改定結果検証項目案を大筋了承−総会
【中医協】医療機器86件の新規保険適用などを了承
治療結果の分析、DPC参加病院の過半数が未実施
10年度診療報酬改定、4月実施危ぶんだ時期も
DPC新係数に5.6倍の開き−厚労省が告示

金づちで女性殴りポーチ奪う 男を逮捕 東京・田町(産経新聞)
鳩山首相、沖縄知事発言で「米国とどうのこうのならん」(産経新聞)
「自民党のエースが夜逃げ」 民主・山岡国対委員長、舛添氏離党に(産経新聞)
「住民のつながり薄く解決困難に」世田谷一家殺害、遺族が地域連携訴え(産経新聞)
舛添氏10日間の結党劇 “次期首相”1位 孤立化の末(産経新聞)

老人保健施設で入所者虐待 市も調査に乗り出す方針(産経新聞)

 宇都宮市の介護老人保健施設「宇都宮シルバーホーム」で、20代の複数の介護職員が、入所者の上半身裸の写真を撮ったり、顔に落書きをしたりする虐待行為していたことが16日、施設関係者らへの取材で分かった。市は3月下旬、匿名の電話相談を受けたが、事実確認をしておらず、来週にも高齢者虐待防止法と介護保険法に基づいて調査に乗り出す方針。

 同施設を運営する医療法人「北斗会」によると、入所者に対する虐待行為は約2年前からあったという。職員らが、認知症の男性入所者が自立歩行できずに四つんばいになっている姿を携帯電話で撮影し同僚に見せたり、認知症の女性入所者の顔にペンで落書きをするなどしたという。

 同法人が入所者の利用状況を確認するため、職員に聞き取り調査を行った際、複数の職員から「虐待行為を見た」との報告があり、事実が発覚。虐待に加わった介護職員5人を訓戒処分とし、始末書を提出させた。うち、3人は依願退職した。同法人は「職員に悪意がなく、けがなどもなかったことから、市には報告しなかった」としている。

 市保健福祉総務課によると、先月26日、県から情報提供の匿名電話があったと連絡があり、翌日には、市高齢福祉課にも直接匿名電話があったが、市は内容がうわさにとどまっていたことなどから、事実確認をしていなかった。

 市では「来週中にも事業者から状況を聞き、施設の現状確認をしたい。事の重大さによっては、立ち入り検査を実施もありえる」としている。

【関連記事】
高齢者にチューリップをプレゼント
高齢者を守れ!静岡、災害時マニュアルを整備
全国初、静岡県が介護現場に外国人用マニュアル
相次ぐ虐待、大阪では1カ月で5件6人逮捕 我慢できぬ親、生活苦のはけ口に
「治安維持に全力」 宇都宮地検の谷川新検事正が会見 栃木
外国人地方参政権問題に一石

<気象>東京都心に41年ぶり「遅い雪」(毎日新聞)
<訃報>野崎嶽南さん84歳=毎日書道展名誉会員(毎日新聞)
介護老人施設で虐待か=裸を撮影、ベッドに落とす−栃木(時事通信)
虐待の連鎖断ち切れ 社会の無関心さに警鐘(産経新聞)
遊具広場、囲って安心?孤立?…都立公園(読売新聞)

<飛行船>東京の名所を巡る遊覧クルーズが誕生(毎日新聞)

 東京タワーや六本木ヒルズ、建設中の東京スカイツリーなど、東京の名所上空を世界最大の飛行船で巡る遊覧クルーズが10日、誕生した。

 運航するのは日本飛行船(東京都中央区)で、ジャンボ機に匹敵する長さ約75メートルのドイツ製飛行船「ツェッペリンNT」を使い、高度約600メートルを時速約65キロで飛ぶ。

 初フライトは招待客を乗せ、午後4時過ぎ、中央区の晴海ふ頭を出発。ふわりと浮き上がった飛行船は、ゆっくりと上昇し、約40分かけてコースを周遊した。機内は離着陸時を除いて立ち歩くことができ、小窓も開く。上空から見た上野公園は、まだ桜の花が残り大勢の人たちが花見をしている様子が見えた。乗客の西東京市、会社員、川崎純夫さん(52)は「静かでゆったりと風景を楽しめた」と満足そうだった。

 昼間飛行の料金は1人6万3000円、夜間は6万8000円。問い合わせは同社(0120・680004)まで。【野口由紀】

【関連ニュース
東京スカイツリー:全盲の歌手が「音頭」歌う がんと闘い
花見:スカイツリーの下で 東京の新名所に
東京スカイツリー:東京タワー抜く 高さ338メートルに
東武ワールドスクウェア:ミニでものっぽ「スカイツリー」
余録:スカイツリー人気

「政官業」の癒着を一刀両断=竹光を手に宣言−鳩山首相(時事通信)
米大統領に普天間説明=鳩山首相(時事通信)
中国潜水艦など10隻 沖縄本島沖の公海を通過(産経新聞)
<名張毒ぶどう酒事件>差し戻しで奥西死刑囚「希望持てる」(毎日新聞)
<残業代>変形労働時間制認めず、支払い命令…元バイト提訴(毎日新聞)

鳩山首相、宇宙滞在の山崎さんに期待感(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は5日夜、スペースシャトル「ディスカバリー」の日本人飛行士、山崎直子さんが国際宇宙ステーションで野口聡一さんと同時滞在することについて、「2人の日本人が活躍する、すばらしいことだ。そういう時代がついに来たんだなあという思いだ」と語った。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相はまた、「山崎さん、がんばってください」と激励。「とにかく与えられた使命をしっかりと果たしていただきたい」と期待感を表明した。

【関連記事】
鳩山首相「厳しい状況でお互いがんばろう」
山崎さん搭乗シャトル打ち上げ 日本人女性2人目
山崎直子さん搭乗のシャトル打ち上げ成功
山崎さん「宇宙からのつぶやき待ってて」
野口さん、のびのび宇宙生活3カ月
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

ハローワークのセクハラ相談員がセクハラ(読売新聞)
足利事件 警察庁・最高検が総括 「DNA型鑑定 過大評価」(産経新聞)
「御柱祭」が幕開け=6年に1度、諏訪大社−長野(時事通信)
遮断棒折れ 阪和線遅れる(産経新聞)
「酒気帯びで免職」重過ぎ?滋賀県教委が緩和(読売新聞)

副会長は中川、横倉、羽生田の3氏ー日医役員改選(医療介護CBニュース)

 4月1日、会長選挙に続いて投開票が行われた日本医師会の副会長選挙(定員3人)は8人の争いになり、唐澤・森の両陣営が推薦した中川俊男氏(北海道医師会)と横倉義武氏(福岡県医師会)、どの陣営からも推薦を受けなかった羽生田俊氏(群馬県医師会)の3人が当選した。

 得票数は、中川氏が174票、横倉氏が173票、羽生田氏が165票。代議員総数は357人、欠員および欠席は2人、投票総数は1065票、無効票は0、白票が59票、有効投票数は1006票だった。



【関連記事】
政権交代後初の日医会長選、原中氏が勝利
森、唐澤陣営の副会長候補が同じ顔触れに
唐澤・森両陣営の役員候補重複を批判―埼玉県医・金井次期会長
日医会長選、3候補が岡山で政策演説会
唐澤・森陣営と原中陣営の対立構造、鮮明に―日医・役員改選

総務相「今後はツイッターの取り扱い慎重に」(読売新聞)
<与謝野氏>新党結成、月内にも 平沼氏との連携視野(毎日新聞)
<宇土市長選>元市職員の元松氏、現職ら破り初当選 熊本(毎日新聞)
参院のみの押しボタン、隣から手届く場所(読売新聞)
邦人安否「確認中」=福山外務副大臣(時事通信)

日米外相会談 普天間問題でクリントン長官「日本政府と協議」(産経新聞)

 【オタワ=今堀守通】岡田克也外相は29日夜(日本時間30日午前)、主要国(G8)外相会合が開催されたカナダ・オタワ近郊のガティノーでクリントン米国務長官と会談した。岡田氏は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題を5月末までに決着させる方針を改めて伝え、クリントン氏も協議には前向きな姿勢を示した。

 岡田氏は、普天間問題について、26日のルース駐日米大使との会談で新たな移設先の検討状況を伝達したことを踏まえ、「日米間で今後、さらに議論したい。5月末までに決着したいと鳩山由紀夫首相も決意している」と述べた。クリントン氏は「日本政府と引き続き協議する」とこたえた。

 鳩山政権は、米軍キャンプ・シュワブ(沖縄県名護市)陸上部に600メートル級のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)を建設し、訓練機能を鹿児島県・徳之島などに移転する分散移転案と、最終的に米軍ホワイトビーチ(沖縄県うるま市)沖に代替施設を造る「2段階移設案」を検討している。

 岡田氏はワシントン滞在中の29日午前(同29日深夜)に、ゲーツ国防長官とも会談した。

 ゲーツ氏は「日米同盟は日米双方にとって死活的に重要だ。今後とも米政府は、日米安保条約のもと、日本防衛の義務を誠実に果たし、核を含む抑止力を維持する」と述べた。その上で「日米同盟の深化を建設的に行っていくためにも、普天間問題の解決が重要だ」と指摘した。

 さらに普天間問題では、「沖縄の海兵隊は日米同盟にとって極めて重要だ。日本政府と協議し、早期に解決したい」と強調した。

 岡田氏は、日米外相会談の前にジョーンズ米大統領補佐官(国家安全保障担当)と電話で会談、両氏は普天間問題を含めた日米間の問題に連携して対処していくことを確認した。

 ジョーンズ氏とはワシントン滞在中に会談を予定していたが、同氏がオバマ大統領のアフガニスタン訪問に同行したため実現できなかった。岡田氏はジョーンズ氏に、アフガン訪問成功の祝意を伝えた。

【関連記事】
岡田外相がゲーツ米国防長官と会談 米側は海兵隊の重要性を強調
「県外移設」固執の甘さ 期限目前に“閣”分裂
「イロハのイもわきまえない」首相の普天間発言で自民・大島氏
首相またまた開き直り 普天間期限「法的に決まってない」
このままでは…普天間問題「米軍居座り」最悪のシナリオ

<常磐道引きずり死>運転過失致死罪で男有罪 水戸地裁判決(毎日新聞)
地元の了解なしに移設進めぬ=普天間で鳩山首相(時事通信)
普賢岳被災のカメラか、撮影ポイントで発見(読売新聞)
「捜査員の労苦に敬意」=銃撃事件時効で国松元長官(時事通信)
<交通安全講習>受講で温泉や眼鏡安く…秋田県で高齢者向け(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。